紹介動画はこちらから web診療予約はこちら 咬みあわせ・顎関節症でお悩みの方はこちら

月別ブログ記事

初めての経験

私は衛生士になって今年で23年目を迎えます。もちろん当院にも23年お世話になっております。そして予防歯科を担当して20年が経ちました。

 そんな折、去る1月29日、羽生市にある、某歯科医院に講師としてお招きいただきました。レンガ造りのとてもきれいな歯科医院で、ウェルカムボードまで作って下さり、感動いたしました。(ありがとうございました!) 

 DR、衛生士、助手、受付、技工士、消毒の方、総勢20名程のスタッフで、各々の仕事がきちんと区別されていて、○○先生のお仕事に対する真摯なお考えがすぐに伝わってきました。

 ○○歯科は当時2階部分を改装中で「予防歯科専用ルーム」をお造りになっていました(現在は素敵な予防ルームが完成) ・・・という事は、衛生士が専用の部屋とユニットを持ちメインテナンス業務を行うという事です。来院される患者様にとっては、理想的な環境ですし、衛生士にとってはとてもやりがいのある、素晴らしい事です。と同時に責任感もひとしお・・・です。

 そこで「 衛生士としてのやりがい自立した衛生士をめざして 」  また「 予防歯科の立ち上げから今日に至るまでの私の経験について 」などをお話させていただきました。

つたない私の話をスタッフの皆様が真剣にお聞きくださり感謝です!皆様のお心にどこまで響く事ができたか・・・?特に衛生士の皆様には“頑張ってやってみよう” と思っていただけたら幸いです。

自信は結果の積み重ねからうまれます』大変な事もあるかと思いますが人でも多くのかたに歯の大切さ・メインテナンスの大切さ気づいていただけるよう実感していただけるように衛生士として共に頑張って行きたいと強く思いました

                                        DH / Y . O                                      

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2008年2月23日 12:51

ページの上部へ

 

今年最後

今年最後の新年会が一昨日終わりました。

緊張の糸が切れたのか、この連休は風邪で調子悪く寝ている羽目となりました。先週の木曜日の頭痛はやはりこの風邪の予兆だったように思います。

私どもの仕事は風邪など大変うつりやすいので、うつらないようにするより、うつってしまっても悪くしないように注意するようにしていたのですが、まだ予習が足らないようで、もう少し早めに養生していればこんなに寝ていなくても良かったのではと?、、、、

医療人として人の健康を司るにあたり、まずは自分の健康が何より大切、といつも言っているのに、まだまだ修行が足りませんね!

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2008年2月12日 10:50

ページの上部へ

 

頭痛

私事ですが

30歳を過ぎた頃からお酒を飲みすぎると決まって翌日二日酔いになり、頭痛と吐き気に襲われるようになったのですが、40歳少し前よりお酒を飲まずにも頭痛(ひどくなると吐き気も伴う)が出るようになり困っていました。

頭痛外来を紹介されましたが、決定的に改善される方法は無いようで頭痛と上手く付き合っていくことにしました。

長年の付き合いで頭痛が出るパターンが解かって来まして、頭痛が出ないよう注意していますし、出そうなときは早めに対応することで強い症状(頭痛)が出る前に薬を飲むようにしています。

しかし1年に1~2回ひどい頭痛に襲われる事があります。これも長い付き合いの中でパターンが解かって来まして、無理をした時と風邪などの引き始めに決まって頭痛が出てきます。これは体が「休め」のサインを出していると考え、もともと頭痛があると何も出来なくなりますから、結果として寝る事になりますので、早めの「養生」になっていると考えるようにしています。

もともと何もせずじっとしている事が大の苦手の自分にとって、頭痛は神様からの「休め」のサインとなっているのかな!

体に出てくる色々な症状は何か意味深いな~と、最近そう思います。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2008年2月 8日 16:50

ページの上部へ

 

後期高齢者

今年4月より国民総医療費の適正化と称していますが、いわゆる医療費抑制の為に75歳以上の方々(一部の65歳以上の方々も対象)には新たに後期高齢者医療制度が始まります。

先日の国会の予算委員会で、質問を受けていた閣僚の方々がこの後期高齢者医療制度の事をあまり良くご存じない様子でした。健康保険制度は年々複雑になり、一国の閣僚ですら制度施行2ヶ月前にもかかわらず、その制度についてよく判らない状況になっていることに驚きました。

医療者として患者様から質問されても正確にお答えできるよう勉強しようと思ってもまだ詳細について決定していないようですし、情報がありません。あまりにも準備が遅すぎると思います。

病気は待ってくれません、現場で一生懸命患者様の為に働いている医療従事者の善意も限界があります。政府、官僚の方々は机上にて制度を作っていますが、現場(患者様や医療従事者)の声をもう少し聞く必要が有るのではないでしょうか?

病気は、「現場で起こっているのです」!

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2008年2月 6日 10:02

ページの上部へ