池袋の歯医者 宮田歯科池袋診療所

宮田歯科池袋診療所
JR池袋駅より徒歩3分

03-3988-8311

東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル4F

平 日:9:00~19:00 土曜診療有り
休診日:木曜・日曜

ブログ

かみ合わせが原因で歯が動いてしまった症例

宮田歯科池袋診療所 院長の小澤です。

 

天野様は山梨県から来院され、左上の第2小臼歯と第1、第2大臼歯、計3本のかぶせ物(クラウン)の治療で「かみ合わせ」が狂ってしまい、それが元で顎関節症が発症していました。

すると、さらに上の前歯の正中が段々と広がっていき、審美的に問題がでてきたというケースです。この症状の原因は、実はかみ合わせ原因で下の写真の様になる事があるのです。

 

幸い、問診にて経過が短く、かつ咬合診断にて治療した歯以外に大きな変化や問題がないことが判りましたので、3本のかぶせ物(クラウン)の再治療(平成2年1月~3月まで9回の治療)のみで以下のような結果が得られました。

 

ほんの数ミクロンのかみ合わせの狂いから、このような状態になりましたが、患者様が関心の高い方でしたので早期に対応できたことが何よりでした

 

実は、矯正治療を全くしなくとも、原因(咬み合わせの正常化、プラークの除去)を取り除けば患者様ご本人の治癒能力にて歯列(歯並び)は元に戻るのです。

初診時(1990年1月) 1993年3月
初診時(1990 年1月) 1993 年3月

2004年2月 2006年7月
2004年2月

2006年7月

 

 

 

 

 

 

以上の症状でお悩みの方は、一度ご相談下さい。

 

投稿日:2010年12月14日  カテゴリー:症例紹介

ページトップへ