紹介動画はこちらから web診療予約はこちら 咬みあわせ・顎関節症でお悩みの方はこちら

月別ブログ記事

歯科衛生士の専門誌に載りました~

弘進会 宮田歯科池袋診療所の小川です

予防歯科の私(小川)と小林が衛生士が作るネットワークマガジン・オーラルケアの"タフトクラブ"という雑誌に掲載されました。

患者様への日頃のケアの事、歯やお口の健康に対する思いなど・・・。色々お話させていただきました。

これからも益々、お子様からご高齢の方まで、皆様のお口の健康維持にお役に立たせていただこうと思います。

取材してくださったオーラルケアのS様、お世話になりました。

DSCF2011.JPG  

DH・小川

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2012年3月26日 13:59

ページの上部へ

 

卒業シーズン・・・

弘進会 宮田歯科池袋診療所の小林です。

先日、ある患者さんに『ホームページで見たんだけど、NさんとKさんは同じ学校の同級生?』と聞かれました。『年は1つ違いますが同じ歯科衛生士学校の同級生です。』と。

小林は勉強できない・・・Nさんは成績優秀!仲良くしてもらい勉強も教えてもらいました。1年生の時は『私は歯科衛生士に向いていない!!』と強く思っていたのでイヤイヤの勉強は身になるはずがありません。

そんなこんなで2年生・・・実習に出たら楽しいではないですか。

しかし、悲しい事に国家試験には1年生で習ったことが沢山出るんです。臨床実習だけでは受からない・・・。

Nさん他仲良しグループの子が勉強を教えてくれました。『あら、あたしの周りには学年トップクラスの成績優秀者ばかり。すごーい。贅沢!』なんて感心していたら怒られました。

先程の患者さんにこんな思い出話をNさんと2人でしていたら、『恩人じゃない!』と。

おんじん?   確かにそうですよね。 今の私があるのはNさんのおかげ。

さてさて、衛生士には向いていないと思っていた誰かさん(私)は幾度かの壁にぶつかり乗り越えたと言うよりはやり過ごしたり・・・なんだかんだで、どっぷりこの職業にハマッております。

気付けば出逢って13年目の春ですね。

DSCF2013.JPG  DH・K

 

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2012年3月26日 12:27

ページの上部へ

 

祝15周年!

弘進会 宮田歯科池袋診療所 衛生士の小林です

先日予防歯科15周年をMさんです。Mさんのお母様も20周年を超えていたので一緒に撮りました。

Mさんとは前任者との引継ぎだった為、私とのお付き合いは5年になります。そんなに長い年数ではないのですが、私が予防歯科の衛生士になってから多分、一番多くお口の中拝見している患者さんだと思います。

そしていつもお話が盛り上がってしまうのです。"食、旅行、美容・・・"話は尽きません。

これからも倍の30周年めざし、サポートしていきたいと思います。

 

IMG_0247.JPG

DH・こばやし

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2012年3月26日 09:48

ページの上部へ

 

かかりつけの歯科医と長生き

弘進会 宮田歯科池袋診療所 院長小澤です

昨日、豊島区福祉健康審議会の最終審議会に歯科医師会の代表として出席してまいりました。

日本社会事業大学の学長で有られる大橋謙策先生が審議会の委員長として平成24年度から28年度までの豊島区における健康福祉に対する政策を区長に対して答申する目的で、2年間かけて協議し、昨日がその最終で区長にこの2年間でまとめあげた健康福祉施策を答申しました。

この会議には、なぜ「かかりつけ歯科医」がいる人は長生きなのかの著者で有られる首都大学東京教授 星 旦二先生も委員として参加されています。

豊島区における健康福祉にとって歯科医師の活躍は医療費や介護費の縮小に繋がり、ひいては元気で長生きの方が当区に増える事になるとの考えを歯科医師会の代表として審議会の中で訴えさせていただきました。

大橋院長、星先生はこの事について何年も前から私同様に考えていますので、この考えを豊島区健康福祉の政策に取り入れて頂けました。しかし、一般論としてまだまだこのような考えは十分に理解されていませんので、じっくりと時間をかけて取り組んで行かなくてはならないと認識しています。

昨年、歯科区口腔保健の推進に関する条例が制定されましたので、この理念法を元に歯科医師が活躍することで、健康福祉に貢献しより多くの方が元気で長生きでき、出来ればPPK(ぴんぴんコロリ)の方々が増えるような社会しなければと思っています。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2012年3月16日 15:53

ページの上部へ