紹介動画はこちらから web診療予約はこちら

症例集

予充填塞とフッ素洗口で虫歯予防

宮田歯科 予防歯科担当の小川です

予防填塞(よぼうてんそく)、またの名をシーラントといいますが、聞きなれない言葉ですね。これは奥歯のかみ合わせの面にある"溝"虫歯になる前に、専用のセメントで埋めてしまう処置の事です。溝は、プラークがたまりやすく、取れにくい!なので虫歯になりやすいのです。まして、はえたばかりの歯はなおさらです。

現在中学3年生のKさん。3歳から予防歯科に通われ早12年。Kさんは乳歯の頃から虫歯のリスクの高いお子様でしたので、永久歯がはえたら、奥歯の溝を早々に埋めてしまいました。それが功を奏して、ずっと虫歯がゼロでした。

一度だけ検診と検診の合間に一部セメントがとれてしまい、そこが極、小さな虫歯になってしまいました・・・。残念です・・・。

しかしそれ以来は1本も虫歯は発生していません。夜はフッ素の入った液で洗口していただいています。フッ素がよく効くのは、はえたばかりの歯ですから、永久歯がはえ続ける6才~12才はまさにフッ素適齢期です。

もちろんブラッシングと規則正しい食生活は言うまでもありませんが・・・。

受験勉強中に虫歯の増える場合がありますので、Kさん!気をつけて下さいね。そして合格をお祈りしています!

PICT0883.JPGPICT0887.JPGPICT0886.JPG

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2011年12月10日 10:43

ページの上部へ

睡眠時無呼吸症候群

宮田歯科池袋診療所の小勝です


最近、当院に「睡眠時無呼吸症候群」の診断を受けた患者様が多く来院されるようになりました。

睡眠時無呼吸症候群の治療は、本当に様々な方法がありますが、ここでは歯科医による治療法について書きます。

基本的に歯科医院では、マウスピースを作成し、それをお使い頂くことで治療します。

別名「スリープスプリント」「睡眠時無呼吸症候群用口腔内装置」などと呼ばれます。
睡眠時に着用して、下顎を前進させた状態で固定することで、上気道の閉塞を防ぐ効果があります。
口の中に入れるため多少の違和感はありますが、副作用はほとんどないため、適用できる場合は非常に有用な治療法だと言えます。
PICT0848.JPG

基本的には保険適用でお作りする場合は、医師による診断書が必要になりますが、場合によっては当院のみで対応することも可能です。
さらに、当院は技工室を完備しているため、ご予約頂ければ、ご来院頂いた当日中にマウスピースをお作りし、お渡しすることも可能になっておりますので、是非ご相談下さい。

またスリープスプリントは、「いびきの防止装置」としても活用できますので、興味のある方は、睡眠時無呼吸症候群に対応できる歯科医院に相談してみては如何でしょうか?
もちろん、当院でも対応いたします(メール相談も可能)


池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2011年9月 6日 10:30

ページの上部へ

元気で長生きを実践

以前『患者様の声』にお言葉を下さった方ですが、今年で83歳になられるK様。
本当にいつも若々しく、お元気な方です。(男性) 
予防歯科でのお付き合いは21年目になります

初めてお会いした頃はK様は62歳で、私は衛生士になって3年目の頃でした。
その当時から担当させていただき、今日に至りますが、K様は半年ごとの定期健診を
一度も欠かされたことがありません。現在歯は26本残っておられます。

もともと丈夫なお体の方ですから、歯も丈夫なのだと思いますが、やはりK様ご自身の
日々の努力と定期的なケアに通われていたからこそ、現在もしっかりとした歯で
何でも噛める
のだと思います。
ひいてはそれが健康と若々しさに、大きくかかわっているものと思います。
K様には、これからも益々お元気で、そして、ご趣味の絵画も頑張っていただきたいと思います。

              
PICT0831.JPG  PICT0836.JPG  PICT0833.JPG


弘進会宮田歯科 池袋診療所 予防歯科担当衛生士 小川


                        


池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2011年3月 9日 09:02

ページの上部へ

一日でここまで症例の治療終了

弘進会 宮田歯科池袋診療所 院長小澤です。

一日でここまでというタイトルで紹介していた症例(PT.T.Sさん)ですが、治療が終了しましたのでご報告します。

PICT0576-thumb-450x337-116[1].jpg         PICT0790.JPG

初診時                       治療終了時

平成22年10月6日の初診から約4カ月経ちましたが平成23年2月2日に上下コーヌス義歯による治療を施し終了しました。

噛み合わせが水平的に左方にずれていましたので体の変化を起こすようにしていたため少し時間がかかってしまいました。顔面の正中と上下の歯の正中が一致しています。噛み合わせが不安定で垂直的に上下の顎が接近していましたが適切な間隔を回復するまでになりました。お口の周りの筋肉の動きもただされ綺麗な豊麗線と上下均等な口唇を獲得し若返りができました。お口の中がこれだけ変化していますので、鼻から下のお口の形態も修正され、ご本人の歯がきちんと揃っていた頃のお顔に戻っています。    

   

 

 

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2011年2月 5日 14:05

ページの上部へ

1  2  3