池袋の歯医者 宮田歯科池袋診療所

050-7586-8898

03-3988-8311

東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル4F
■診療時間 9:00~18:00 ■休診日:木曜・日曜

オンライン相談
ブログ

被せ物( 前装冠 )ができるまで ② 【 鋳造 編 】

宮田歯科池袋診療所です。

『 被せ物( 前装冠 )ができるまで ① 』の投稿から少し時間が経ってしまいました💦

『 被せ物( 前装冠 )ができるまで ① 』では、被せ物を作る過程【 WAX-UP  】までを書きましたが・・・皆様見ていただけましたでしょうか???🫣

今回は少~しマニアックですよ・・・😎

 

【 鋳造ちゅうぞう

鋳造では溶かした金属を流し込む型が必要となり、それを鋳型(いがた)と呼びます。

ちなみに鋳型には砂を使った『 砂型 』・石膏を使った『 石膏型 』・金属を使った『 金型 』などがあるそうですが、歯科では石膏鋳造(せっこうちゅうぞう)が一般です。

WAX-UPした歯を模型から外します。

ホーマーとくっつけて、

鋳造リングと内側にリング緩衝材を取り付け、

埋没材を流し入れます。

700℃の電気炉に入れ、焼成します。

焼成されるのを待ってる間に、金属を溶解します。

そして・・・焼成した鋳型に溶解した金属=溶湯(ようとう)を機械で流し込む!!!

今度は放冷します。鋳型の中央に見えているのが鋳造物です👀

鋳型から鋳造物埋没材を取り出すと、ジャン🎵

さらに薬液に入れて処理すると、ジャジャーン🎵

WAX-UPの状態と見比べてみます。

前回のブログであげた表面加工の為の白い粉は、こんな感じに鋳造されます✨

表面にしっかりと凹凸ができていますね😁

鋳造終了です👏

長いので、また続きます ⇨⇨⇨

 

関連ブログ→ 2023.7.4 『 被せ物( 前装冠 )ができるまで ①  WAX-UP 編 』

投稿日:2023年8月21日  カテゴリー:ブログ, 症例紹介

ページトップへ