池袋の歯医者 宮田歯科池袋診療所

宮田歯科池袋診療所
JR池袋駅より徒歩3分

03-3988-8311

東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル4F

平 日:9:00~19:00 土曜診療有り
休診日:木曜・日曜

ブログ

スポーツ飲料の落とし穴

最近のスポーツ飲料は安価な物から高価な物や様々な用途や機能を付与してある物など多種多様ですが、少し注意が必要です。

特に今年のような猛暑であるとスポーツ飲料を飲んで熱中症を予防するためには、とても大切な事と思います。特に炎天下にて行うスポーツにおいてスポーツ飲料は絶対に欠かせない物だと思いますので、積極的に使用する事をお勧めいたします。

そこで、歯医者の視点から少しこだわって見た注意点をお話ししたいと思います。

ほとんどのスポーツ飲料はエネルギーを素早く補充する目的でブドウ糖を入れてありますが、やはり美味しくないスポーツ飲料は売れませんので、甘さの調整に安価な砂糖を使用している物が多くあります。メーカーは価格の事や賞味期限の問題、物流、保存性などの問題を解決しつつ出来る限り安く作る事を検討します。前記の問題を全て解決する為には砂糖がとっても都合のいい材料なのです。

砂糖は「減糖の勧め」でお話ししていますが、お口を通過する頻度が高くなると虫歯の発生を高める問題がありますので、スポーツ飲料のように頻繁に飲むと虫歯発生のリスクを高めてしまいます。

ですから、自身でスポーツ飲料を購入する際に食品表示をしっかり確認する事をお勧めします。ただし、砂糖が入っていない商品は必ずといってよいと思いますが高価な商品です。さらに、ペットボトルになって販売している商品と全く同じ名前の物でも、粉の状況で販売して自身で水に溶いて使用するものが成分が異なっている事は多く有ります。ペットボトルタイプの商品はブドウ糖のみでも、粉の状態で販売している物には砂糖が使用されている事が多くありますので注意してください。

ブドウ糖のみの商品でも虫歯の発生リスクを多少は高めますが、砂糖使用の商品は特に注意が必要です。そこで、スポーツ飲料と水を交互に飲んだり、スポーツ飲料を飲んだらすぐ水も飲んだりして虫歯発生リスクが高くなる事を防ぐようにする事を歯医者としては、お勧めいたします。熱中症が予防出来たとしても、虫歯が多数出来てしまっては大変ですので、賢く商品を選び、さらに使用方法も注意して健康管理に活かしてください!

現在では、必ず食品表示が義務付けられていますので、歯医者としては小さい字をしっかりと確認して購入する事をお勧めいたします!

私も趣味のゴルフでは、いろいろ工夫してスポーツ飲料と上手くお付き合いしていますので、お陰さまで猛暑の中でも関係なくゴルフを楽しめています!

 

投稿日:2011年7月12日  カテゴリー:院長コラム

ページトップへ