池袋の歯医者 宮田歯科池袋診療所

宮田歯科池袋診療所
JR池袋駅より徒歩3分

050-7586-2786

03-3988-8311

東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル4F
■平日9:00~19:00 土曜診療有り ■休診日:木曜・日曜

インレー(詰め物)

インレー(詰め物)

インレーとはどのような物?

インレーとは、詰め物のことです。神経を残して治療できる程度の小さい虫歯の治療に用いるもので、削り取った部分を補うために金属やレジンなどを使用します。

インレーは保険で治療をするか自費で治療するかによって、使用する素材が異なります。

保険診療のインレーとは?

保険診療ではコンポジットレジン充填または保険インレーを用いた治療が行われます。コンポジットレジン充填は、歯の色に近い樹脂で、歯を削る量の少ない初期の虫歯の治療によく用いられます。

歯への負担が小さく、治療時間も短いため最近の歯科治療では奥歯でも銀色の目立つ保険インレーを避け、コンポジットレジン充填で行うことが増えています。ただし、レジンは毎日使用することで劣化し、色も変化します。

保険診療で用いるインレーは、コンポジットレジン充填の場合も、銀色の保険インレーの場合もだいたい5年ほどで詰め直しが必要になるものと思っておいた方がよいでしょう。

保険適用外のインレーとは?

保険適用外のインレーとは、ハイブリッド、ゴールドなどの素材を用いたインレーのことです。ハイブリッドは色が本来の歯の色に近く、変色もしにくいという特徴があります。

一方、ゴールドのインレーは耐久面でハイブリッドよりも持ちが良く、適合が良いため虫歯になりにくいのが長所です。

治療費と審美性をよく天秤にかけて、どのような素材を用いるか考える必要があります。
審美性と耐久性、どちらを選択すればよいかは口腔内の状態によっても変わるので相談してください。

保険適用インレー(メタル)

保険適用(メタルインレー)

銀色の詰め物です。これまでは一般的に多く使用されてきた素材です。

メリット

  • 安価で治療できる
  • 強度が強く割れにくい

デメリット

  • 見た目が目立ってしまう
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 酸化しやすい性質で、さびてしまう
  • 歯肉に着いてしまい、黒く変色することがある
  • 歯が割れることがある(金属の硬さが歯より硬いため)

ゴールドインレー

ゴールドインレー

貴金属の金を主成分とした金合金でできた、金色のインレーです。奥歯の詰め物として使うことが多いです。

メリット

  • 錆びずらい
  • 金属アレルギーになるずらい
  • 歯肉の変色がない
  • 虫歯の再発が起きにくい
  • 柔らかさもあり、割れにくい

デメリット

  • 保険の適用外
  • 審美面では劣る
  • 擦り減ってしまう

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー(グラディアインレー)

セラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料を使ったインレーです。白い素材のため、自然な白い歯の色に近くなります。

メリット

  • 見た目がよい
  • 金属アレルギーにならない
  • 歯肉の変色の恐れがない
  • 適度にやわらかく、他の歯に負担をかけない

デメリット

  • 保険の適用外
  • 時間の経過で多少変色する
  • 擦り減ってしまう

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミック100%でできたインレーです。

メリット

  • 最も見た目が美しく、透明感を再現できる
  • 変色することがない
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 歯肉の変色しない

デメリット

  • 保険の適用外
  • 割れてしまうことがある
  • 歯を削る量が金歯や銀歯よりも多くなる
ページトップへ