紹介動画はこちらから web診療予約はこちら 咬みあわせ・顎関節症でお悩みの方はこちら

月別ブログ記事

動物

動物は食べられなくなると死んでしまいますが、唯一動物の中で食べられなくなっても生きていけるのが、私たち人間です。それはサプリメント、ビタミン剤、流動食、さらには点滴による栄養補充で、まったく食事が出来なくなっても、生きていけるような技術を開発しているからです。

本来、栄養補充はしっかり噛んで唾液を食べ物に練りこむようにして、栄養素を唾液の酵素により分解して胃に送り、さらに胃液より再分解し腸から吸収する。これが本来の姿ではないでしょうか?

病気で食べられなくなるのはしょうがないと思いますが、歯の状態が悪い為にだんだんと植物のように肥料で生きてゆくようになるのは避けたいものですね!

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2006年9月30日 16:29

ページの上部へ

 

医局旅行

今年は6月に医局旅行で東北に行ってきました。

松島、塩釜でお寿司、仙台で牛タンを食べ、天童でさくらんぼ狩りを楽しみました!

2006_06160002 

←塩釜でお寿司

2006_06160010_1

←松島でウミネコに餌をやっています。

0001

←さくらんぼ狩り(さすがのピラニア軍団も全部を食べ尽くすのは無理でした)

0002

←松島一周の船上です。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2006年9月19日 15:42

ページの上部へ

 

ピラニア軍団

患者様から診療のお礼や予防歯科に受診される方がよくお菓子などを、持って来てくださいます。予防歯科の費用より持ってきてくださるお菓子のほうが高い事がしばしば、本当にありがたいことです。

そのお菓子ですが、我が診療所のスタッフ(ピラニア軍団と呼んでます)にかかると瞬時に胃袋の中に消えてしまいます。お昼休みや診療後に食べてるようですが、普段自分では買うことができない高級なお菓子なので、みんな幸せそうに頂いてます、、、、

その幸せな気持ちを診療でお返しをする、患者様とこのような関係を築ける事は医療人冥利に尽きますね。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2006年9月16日 16:15

ページの上部へ

 

DHのつぶやき・4

もう9月ですね。4年前の今頃はスウェ-デンのイエテボリ大学の研修ツアーに参加したなぁ・・・。早いものです、月日の経つのは。                          

あの時は、目に入るもの、耳にするもの全てを受け入れて帰ろうと必死でした。朝から夕方までの講義、実習、臨床見学と大変充実した毎日でした。そしてスウェーデンの衛生士の臨床を見学した時、私は確信しました!それは、『私達の臨床と特に差がない事、そして日々行っている事の正当性』をです!                            

また歯石除去の実習の時、スウェーデンの衛生士に『パーフェクト』と言っていただけた事は、ちょっと嬉しかった思い出です。                                

それにしても研修ツアーの参加メンバーのテンションの高かった事!やる気満々の人達。頑張っている衛生士がこんなに沢山いるという事に元気をもらい、よい刺激を受けた旅でした。今頃、みんな頑張っていることでしょう!

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2006年9月13日 11:35

ページの上部へ

 

口角炎

口角(唇の端)によく炎症を起こすと胃が悪いと思っている方が多くいますが、ほとんどの場合かみ合わせが悪い事が原因になっています。単純性ヘルペスにより口唇に炎症が出現しますが、その場合は口角に限局しません。

歯の磨耗や欠損(損失)から上下の歯の間隔が短くなると、口の周りの皮膚が余り口唇の形が変わります。口唇はへの字なって行き、口角に皺ができます。皺に毛細管現象で唾液が滲みこみ、本来は口唇でない皮膚に常に唾液が付いてしまい、特に冬の空気が乾燥している状況で乾燥と湿潤の繰り返しによって小さいひび割れから炎症に発展してしまいます。

加齢と共に特にお口元の皺や口角炎が気になるようでしたら、中の歯の異常が原因になっている可能性が高いと思います。適切な歯科治療によってお口元の皺が減り、若返りが可能ですし、いやな口角炎から逃れられますので、歯科医に相談してみることをお勧めします。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2006年9月 9日 10:25

ページの上部へ

 

重力と腰痛その2

背骨はダルマ落としのように縦に積み重なっていますが、1つ1つは椎間板が挟まっている関節と同じと考えると、修復能力が極めて少ない軟骨である椎間板は損傷すると元に戻りません。

ダルマ落としのダルマは傾いたらとても不安定になるよう、背骨も余計な傾きがあると同じように不安定になり、椎間板ヘルニアから腰痛などの問題に、長期的にはさらに脊椎管狭窄症などに発展してしまうことも。介護の必要な方の多くにこの脊椎管狭窄症の病名が付いてます。転ばぬ先の杖、背骨も治りませんので、予防が大切ではないでしょうか?

予防歯科とは単にむし歯や歯周疾患の予防に止まらず、口腔機能全般について管理してより健康な生活を担保する為に役立ちます。信頼できる予防歯科に少しでも早く掛かり健康な生活を維持しましょう。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2006年9月 4日 12:22

ページの上部へ