紹介動画はこちらから web診療予約はこちら 咬みあわせ・顎関節症でお悩みの方はこちら

月別ブログ記事

退職、、、。

Dr T.J

以前より決まっていたことではありますが、4/18(水曜)をもってDr S.Sが退職することになりました。

思えば今までいろんなことがありました、、、、。

特にDr S.Sの飲みっぷりと酔いっぷりはすごかった(笑)

いや、それ以外にもたくさんすごいところはあるんですよ!けっしてお酒だけでは、、、、。

、、、、、、、。、、、、、、。

そして何よりこのブログでの桔平シリーズも見れなくなってしまうのかぁ。正直寂しいかんじが、、、、、。

と思っていたんですが本人が退職後もメールにて桔平情報を送るそうです(笑)なので桔平ファンのみなさん御安心を~。

そしてDr S.S先生今までほんとにお疲れ様でした!!これからの先生の人生の幸福を医局員一同心より祈っています。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2007年3月28日 14:04

ページの上部へ

 

すっきりしない・・・

Dr A .H

最近、色々な雑誌や広告などにデトックスについて載ってますよね。費用もかなりお手頃なところが多くなって嬉しい限りです! 

わたしはこの前、岩盤浴に行ってきました。ある雑誌に載っていて今だったら半額のお値段でってことだったので行ったんです。その雑誌には特にクーポン券を持っていくようなことは書いてなかったので何も持たずに行ったら「その雑誌の切抜きを持ってこないとダメ」と言われてしまいました・・・結局、半額にはならず、すっきりしに行ったのに全然すっきり出来ずに帰りました(;。;)

みなさんもこんな経験ないですか??わたしはこのことがあってから書いてなくても切り抜いて持っていくようにしています!また、広告の内容がいまいちわからないときは電話してちゃんと聞くようにもしています。やはり自分が納得したことでないとあとで不満に思ってしまうことも多くなってしまいますよね。

これを経験して思ったことは自分の仕事上でも同じことが言えると思いました。患者さんがわかりやすいように治療の説明をするように心がけてはいますが、患者さんによって理解できるところ・できないところは違うので、わからないところは遠慮なく聞いてほしいと思います。それが「良い治療」を受ける”第一歩”ではないでしょうか??

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2007年3月23日 11:31

ページの上部へ

 

うつ伏せ寝

数年前から、乳幼児突然死症候群の問題から乳幼児うつ伏せの状態で寝せるのは良くないと指導されるようになりました。

歯科の領域からも噛み合わせの問題や顔の変形の問題からやはりうつ伏せ寝は止めるように指導しています。

うつ伏せで寝ていると頭の重みが顎にかかりますが、人間はうつ伏せに寝るとき呼吸ができるよう頭を左右どちらかに向けて寝ます。左右を入れ替え同じ時間であればいいのですが、ほとんどの場合どちらか一方に偏ることが多くなります。乳幼児のように骨がまだ柔らかい状態で偏った方向から頭の重みが顎に掛かると、下顎の変形や顎の関節にズレが生じてしまいます。いったん変形してしまうと噛むときの癖が偏り、更に変形が大きくなってしまいそのまま成長が終了してしまうと、左右が非対称な顔になってしまいます。

2次成長が始まる前に対策を取れば多少改善が可能ですが限界が有りますので、この問題も予防する事が一番ではないでしょうか?

どうも人間はもともと仰向けになって寝るような構造になっているようなので、健康のためには成人してからも仰向けで寝るようにした方がいいようですね!

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2007年3月19日 15:14

ページの上部へ

 

桔平のお昼寝。

Dr S.S

この前洗濯物を和室に取り込み、あとでたたもうとそのままにしていました。

いつも元気で一人で暴れている桔平の気配が急になくなりました。

あれ?

桔平がいない、、、、(‥?)

ふと見ると、、、、、ぐちゃぐちゃの洗濯物の中に埋もれながら寝てる桔平を発見!!

200703112345001_3

せっかく洗濯したのに毛がぁぁぁぁぁ(@_@;)!!

毛といえば、この前遊びに来たDr  J、Tの腕毛が気に入ったらしく噛み千切っていたっけなぁ、、、、(*´∀`*)

でも可愛いから許しちゃう(o‘∀‘o)★

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2007年3月14日 14:07

ページの上部へ

 

反省

今回は次男の話になります。

少年野球のチームに入りたまたま左投げということからピッチャーをやらされていたので、子供ながら頑張って毎日ピッチングの練習をしていました。

長男の事がありましたので、乳歯から永久歯に生え変わる時期でしたから注意して噛み合わせのチェックをよくしてましたので、早期に噛み合わせの狂いを発見できました。ある一方向のみの運動をやるすぎると、成長期の子供の骨にかかる圧力に左右差が骨の成長の差を生んでしまいます。特に顎は左右の関節がつながっていますので複雑です。左側の筋肉の使用が右側より極端に増え噛み合わせが左にズレかけていました。

次男の場合は噛み合わせのズレを早期に発見できたので簡単な小児用の矯正用義歯を短期間使用しただけで事なきを得ました。長男での反省が活きて永久歯の歯列に悪影響が出ずにすみました。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2007年3月14日 10:40

ページの上部へ

 

灯台下暗し

自分の子供の話です。長男が小学校4年生の時でしたが、学校の体育の授業時間中におんぶ競争で友達をおんぶしたまま転び右腕を骨折してしまいました。骨折の治療で約一ヶ月ギブスをして三角巾を首に掛けて右腕を吊って生活をしていました。

ちょうど6歳臼歯が生え終わり、前歯と6歳臼歯の間にある乳歯が少しぐらつき始めた頃でした。言い訳になりますが、腕に気を取られていましたので、歯のほうに注意を怠っていました。骨折が直りかけギブスが取れた頃に噛みあわせを見たら、なんと噛み合わせがずれていました。ちょうど成長期でしたのでその噛み合わせのズレが顎の成長に影響してしまい、長い間矯正の治療をしなくてはいけなくなってしまいました。

たった1,2ヶ月での不注意でした、子供の体は産みたての卵のように余計な力を掛けると変形するものと考えなくてはいけない事を思い知らされました。

「灯台下暗し」やってしまいました。子供には申し訳ありませんがとても勉強になりました。反省!

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2007年3月 9日 11:48

ページの上部へ

 

悩みの種・・・

Dr A .H

今の時期の悩みと言えばやっぱり花粉ですよね。悩まされてる人も多いのでは??

わたしはひどくはないけれど多少の影響は受けているようです。

特にくしゃみが多く、連発することが多いので疲れてしまいます。腹筋を使ってる気がするのでせっかくだからダイエットになればいいのに・・・なんて思ったり。

花粉の影響を受けてない人はわかりにくいかもしれませんが花粉症ってほんとに辛いんです。だから電車の中などでくしゃみをしたり、鼻をかんだりしている人がいても迷惑そうな顔をせず、寛大な心で・・・お願いしますね!

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2007年3月 5日 12:47

ページの上部へ

 

女子プロゴルファー

ここ最近の女子プロゴルフの人気はすごいですね!私は男子プロより女子プロの方が自分のスイングに参考になるので注目しています。

昨日、今年の開幕戦のダイキンオーキッドレディースで見事に優勝した米山みどり選手には以前より注目していました。

何故かと言うと、2年ぶりの優勝になるそうですが、ちょうど2年ほど前から歯科矯正を始め、テレビでもしっかりと歯科矯正の器具が確認できましたので、歯科矯正がゴルフに影響し、どうなるのか心配していました。

まだ歯科矯正の途中のようですが、その状況で優勝したことには驚いていますし、安心しました。矯正治療が繊細な感覚を要求するゴルフに少なからずマイナス要因にならない事が証明されましたし、今後の活躍しだいでは歯列矯正がプラスになると思います。

矯正治療が終了し、更に美しくなればさらに人気が出るでしょう!一ファンとしてこれからも注目しながら応援していきたいと思います。

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2007年3月 5日 11:09

ページの上部へ

 

纏足2

纏足(てんそく)の続きです。

乳歯のトラブルから永久歯の長さが短い方が多くいる事が気になりますが、この事は永久歯の長さだけでなく顔の長さにも影響するのです。

鼻の高さ、目の大きさ、位置、耳の大きさ、形など鼻から上は遺伝子の情報に従ってほぼ決定しますが、鼻から下は噛みあわせなど口腔内(お口の中)の影響を受けて変化をします。永久歯の長さが短くなればそのまま顔の長さも短くなり、それが骨のない口元の形態に影響してしまいます。ですから本来遺伝子情報により決定するはずより顔が短くなり、お口の形も変わってしまいます。

本来より短い口元の特徴はくちびるの端にハの字の皺が入り、下くちびるが上くちびるより厚くなっていかりや長さんの様になり、結果としていつも下くちびるが下方に押されているため下あごにくぼみや横に線が入ってしまいます。

その顔が後天的な影響をほとんど受けない鼻から上と調和が取れていればいいでしょうし、なにより本人がお気に入りであればいいのですが、、、、、

池袋 歯医者 宮田歯科池袋診療所

日時: 2007年3月 2日 10:51

ページの上部へ