池袋の歯医者 宮田歯科池袋診療所

宮田歯科池袋診療所
JR池袋駅より徒歩3分

03-3988-8311

東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル4F

平 日:9:00~19:00 土曜診療有り
休診日:木曜・日曜

妊娠中・授乳中の歯科治療

妊娠中・授乳中の歯科治療

目次

妊娠中に高まる口内のリスク

豊島区では豊島区歯科医師会に入会している歯科医院にて無料で検診が行える制度があります。ぜひ当院で1度お口の状態のチェックにお越しください。妊娠中に起こりやすいお口の中の病気を予防しましょう。

妊娠中に起こりやすい口の中の病気があります。1つは虫歯と、もう1つは歯肉炎や歯周病です。これには女性ホルモンが大きく関係しています。

妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンの分泌量が増えるため、口の中が酸性に傾きます。酸性に傾いた口の中は虫歯菌が増殖しやすい上、妊娠初期はつわりなどで歯磨きがおろそかになりやすく、虫歯や歯肉炎、歯周病の発症リスクが高まります。

また、食べ物の偏りなどから免疫力が下がると、口内炎も起こりやすくなります。

このような妊娠中の口内環境の変化から起こりやすい病気は、予防を心がけた上で定期的な健診を受けることが大切です。
定期的な検診により早期発見が可能になり、症状を悪化させずに済みます。

早産・低体重児出産のリスク

歯周病にかかることで歯周病菌が吐き出す毒素がお口の中に広がります。それを常時飲み込んだり、血液中に入り体中を充満する事で、胎盤を圧迫し、子宮が収縮し早産を招くリスクになります。

妊娠中の治療で注意する点は?

妊娠中の歯科治療は、何よりも母体や胎児に負担をかけないことが最優先になります。ですから、よほど重症でない限り、妊娠初期は応急処置と予防処置程度で止め、通常の治療は安定期に入ってから行うようにするのが一般的です。

歯科で使用する局所麻酔薬の量であれば胎児への影響は心配要りませんが、妊娠初期は胎児の主要器官が作られる時期でもあるため、万全を期す必要があります。

妊娠していることはしっかりと医師に伝えるようにしましょう。飲み薬の処方内容なども胎児に影響の少ない物に変わります。

また、妊娠後期も身体への負担が大きいため、妊娠初期同様応急処置や予防処置に止めるのが普通です。

レントゲンが胎児に影響することを心配する声も聞かれますが、口周りだけの撮影で防護エプロンも使用するため、胎児への支障はありません。ですから、安心して治療を受けるようにしましょう。

授乳中の歯科治療は?

授乳中でも歯科治療は受けられますが、出産直後は母体の回復が完全ではないため、出血や腫れ、強い痛みなどを伴う治療は時期を遅らせ、軽度の虫歯や歯周病の治療程度に止めた方が無難です。

授乳中の患者さんからの質問で多いのが、レントゲンと飲み薬に関する質問ですが、レントゲンは全く問題ありません。飲み薬の母乳への影響も生後3か月以降の場合はそれほど気にしなくても大丈夫でしょう。

生後3か月未満の場合は、妊娠中に処方できるタイプの抗生物質や鎮痛剤を選ぶか、服薬中のみ母乳をやめ、人工ミルクを使用するという方法もあります。

妊娠中の麻酔について

妊娠中の歯科治療における麻酔使用については、通常の麻酔量(カートリッジ1~2本程度)であれば、胎児に対して心配はありません。
ただし、妊娠8ヶ月以降は早産の可能性があるので、歯科医に相談してください。

*妊娠の可能性がある場合や妊娠初期に歯科医院で治療を受けるときには、妊娠していることを必ず歯科医師に告げましょう。

ページトップへ